本文へジャンプページメニューへジャンプ文責へジャンプ

プロフィール

文字サイズ: 標準の文字サイズ 大きい文字サイズ

代表者あいさつ

「ホームページ制作会社って、不親切なとこばっかりやん!」

過去私はホームページ制作の仕事に従事してました。その会社を辞めネットショップの店長となったのですが、そのとき初めてホームページを売る側から営業される側に立ちました。その時感じたのが冒頭の一文です。お客様目線でサービスを提供しているホームページ制作会社があまりに少ないことに驚きました。

WEBサイトを立ち上げるには、様々な選択や決定が必要です。事前のリサーチ、企画、サーバー選び、デザイン、SEO、そして運営開始後の業務体制(ショッピングサイトなら、ショッピングカート、決済サービスも)・・・いずれの要素も結果に影響するものばかり、失敗すれば確実に手痛いダメージを受けます。そこで入念な調査をして、適切なものを選ぼうと思うのですが、インターネット上には情報が氾濫していて、どれが良いのか悪いのか、また本当なのか嘘なのか分かりにくいことこの上ありません。WEBの仕事に従事している私でさえそう思うのですから、一般の方々にとっては、まさに雲をつかむような感覚だと思うのです。

弊店は今回、WEBサイト制作サービスを立ち上げるにあたり、真剣に考えました。
「安心してご依頼いただけるにはどうすればよいか。」
「お客様に納得いただけるサービスはどんなものか。」
そうしてできたのが、現在の弊店のサービスです。

ホームページは成果を出せなければ、単なる「損失」以外の何ものでもありません。「美しいデザイン」も「高機能」も成果が出なければただの飾りです。弊店はそのようなリスクを減らすために、調査や戦略のステップをしっかりと盛り込んだ手順で制作します。また、十分なヒアリングでお客様の理念や商品・サービスへの想いを聞かせていただき、熱意を持ってホームページを作りたいと思っております。

サイト制作やネットショップ運営のノウハウを活かし、お客様と一心同体の気持ちで頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。

ナガイ商店.com 代表 永井 拓也

代表者ポートレート

代表者経歴

1973年 兵庫県川西市生まれ
1999年 食品包装資材の印刷会社勤務(営業)
食品用フィルムの営業。食品工場を訪問する日々。デザイナーさんとの打合せや印刷・DTPの勉強を通じ制作への興味が芽生える。
2001年 デザイン会社勤務(グラフィックデザイナー)
市町村のパンフレットや新聞広告のデザインを担当。市町村の印刷物はコンペで行われることが多く、コピーライターと組んで企画書を作り提案。コンペに勝った企画はフィニッシュワークまで担当。
2003年 デザイン会社勤務(グラフィックデザイナー)
ひたすら大手通販カタログの誌面を作る仕事をこなす。このとき、カタログつながりでホームページを初めて制作。 WEBの世界に強く興味を持つようになる。
2005年 印刷会社勤務(WEBデザイナー・派遣)
会社コーポレートサイト、団体PRホームページの企画や制作を担当。スタイルシート(CSS)の技術を身につけ、CMS(MovableType)を使用した地方新聞サイトの制作などを経験。
寝具卸会社に勤務(ネットショップ運営責任者)
2006年 ECサイトを一から立ち上げる。企画、制作はもちろん、商品撮影やコピー作成、受注管理や顧客対応などネットショップの業務を一連して担当(いわゆる「ネットショップの店長」です)。Eコマースに関するセミナーや勉強会に積極的に参加。SEO対策、サイトの改良で売上げを伸ばす(最高月商640万円)。ひと月に1,000件以上の受注対応や、様々なクレーム処理も経験しました。
2008年 起業
個人事業主として開業。屋号を「ナガイ商店.com」とする。

過去にした仕事一例

印刷物
  • 広島県○○市 要覧(案内パンフレット)
  • 広島県○○市 総合計画
  • 岡山県○○市 要覧
  • 岡山県○○市 要覧
  • 兵庫県○○市○○水道局 パンフレット
  • 和歌山県○○市 要覧(案内パンフレット)
  • 一般企業の会社案内
  • ○○新聞 企業広告
  • 大手通販カタログ(雑貨、ワイン)
ホームページなど
  • ワインのショッピングサイト
  • 政治団体ホームページ
  • ○○生協ホームページ
  • 地方新聞サイト構築
  • ○○労働組合ホームページ(イントラネット)
  • 医療団体新聞のアーカイブCD作成
  • 精密機器製造会社のホームページ
  • 寝具ショッピングサイト

まずは「無料相談」をご利用ください。

どの制作会社を選べばいいか迷っている方、ホームページに関する悩みをお持ちの方、どうぞお気軽にご相談ください。ホームページを隅々まで読むよりも、直接合って話した方が理解しやすいですし安心できます。相談したからといって注文する義務は一切ありませんので、お気軽にご利用くださいませ。

ささいなことでも結構です。お気軽にご予約ください。

電話:050-1440-5852、営業時間9〜17時 日曜・祝日は休業

Skypeでのお問合せ

電話 担当者の状態表示
チャット 担当者の状態表示

フォームでのお問合せ

お問い合わせフォーム

下記日程で詰めてます

アポなしで結構なので、お気軽にお立ち寄りください。(事前に情報をいただけると、より具体的なお話ができます)

● スケジュール調整中

▲ このページの先頭に戻る